深川不動尊の令和正月「御朱印」の紹介とお守りやお札の返納の仕方

こんにちは!joypandaです。

江東区門前仲町にある深川不動尊の「御朱印」と「お守り」

私にとってのパワースポットでもある深川不動尊の令和正月「御朱印」の紹介と、「お守り」や「お札」の返納について、書いていきます。

深川不動尊の「御朱印」を紹介

深川不動尊は、毎月1日、15日、28日が縁日で、縁日の御朱印があるそうです。

残ながら、縁日の日には、お参りをしたことがないので、いつもある御朱印を頂きました。

2018年2月の御朱印

▲赤字で書かれているのは、梵字になります。

 

2020年1月・令和正月バージョンの御朱印

 

▲2020年1月30日に行ったので、新春の印が押されています。

深川不動尊での「御朱印」の頂き方は?

「御朱印」は護摩木受付所で、頂くことができます。

▲護摩木受付所は、深川不動尊の敷地に入って、右に進むと、右手にあります。

▲こちらが、護摩木受付所になります。

 

▲混んでいる場合は、黄色の線に並びます。

 

▲御朱印を選び、値段300円を納めます。

副業パンダ

名前を伝え、番号札を渡され、混んでいる時は、少し待ちます。私が行った時は、空いていたので、5分程で出来ました。

様々なお守りも売っているところがありますので、色々みられても良いと思います。

深川不動尊の「御朱印帳」の種類と初穂料は

▲布の御朱印帳は1500円、木製の御朱印帳は3500円で購入することが出来ます。

joypanda

個人的には木製の御朱印帳が好きです。今、持っている御朱印帳は、ここのではないのですが、木製の御朱印帳を使っています。木の香りがして良いんですよね!

実際に買ったお守りやお札とお守りの返納の仕方

「お守り」はお札場で、購入する事ができます。

MEMO

深川不動尊のお守りは、「身代わり守」で有名です。

江戸時代の大工が、足場から落ちた時に、持っていた成田山のお守りが、身代わりとなって割れて、大工は無傷で助かった言い伝えがあるそうです。

▲お札場は、深川不動尊の敷地に入って、右に進み、左手にあります。

▲旧本堂の右側の、お札場で、お守りを購入することが出来ます。節分が近いので、境内は芸能人や関取が豆まきをする台を、組み立て中でした。

▲おみくじが出来ます。節分が近かったので、豆も売っていました。

▲パワースポットなので、沢山のお守りがあって迷います。ぴったりのお守りが見つかると思います!

▲こども守りと迷いましたが、木製の開運厄払いのお守りにしました。

joypanda

本堂の中にもお守りが売っています。全ての箇所を周って、お気に入りが見つかると良いですね!

お札場で実際に買ったお守りはこれ

深川不動尊は、お守りも沢山あります。沢山の中から選ぶのも迷いますが、娘が厄年だったこともあり、開運厄払いの木製のお守りを購入しました。

▲御朱印の待ち時間に、開運厄払い「申」木のお守りを購入しました。

▲目や鼻の細かい彫りがこっています。

joypanda

娘は、お守り好きなので、大喜びでした。鈴がついているので、よく鳴らしています。

お守りが買える時間は?

お守りは、開扉時間(午前8時ー午後6時(縁日は夜8時))の時間であればいつでも購入する事ができます。

旧本堂の中にも、お守りは売っていますがこちらは時間によっては、閉まっている場合があるので、こちらのお札場で購入するのが、おすすめです。

深川不動尊のお守りやお札の返納はどうしたらいい?

お守りやお札は、願い事が叶ったり、一年間無事にお守りいただいた時は、納札所へお返ししましょう。

▲納札所は、境内に入ってすぐ左に曲がります。

▲手水舎の横を通って奥に、納札所があります。

深川不動尊の詳細情報

住所

〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目17−13

アクセス

東京メトロ東西線「門前仲町」駅
1番出口より徒歩2分

都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅
6番出口より徒歩5分

参拝時間

AM8:00〜PM6:00(縁日はPM8:00まで)

電話番号

03-3641-8288

縁日

毎月 1日、15日、28日

まとめ

深川不動尊の御朱印は、梵字が入っていて他の御朱印とは、一味違います。

さらに縁日になると、別バージョンの御朱印も購入できるようですね。

以前書いた、諏訪神社の御朱印もそうでしたが、月によってだったりイベントによって、限定の御朱印がでたりするので、私は参拝の度に御朱印を買ってしまいます。

完全に良いお客さんですよね(笑)

そんな魅力的な御朱印が、お寺や神社には沢山あるのでみなさんも参拝した際には、購入してみたらいかがでしょうか?